女性のための「賢いお金の貯め方」を紹介します

 お金ってなかなか貯まりませんよね。「特に高額なものを買ってる訳でもなく、たくさんのものを買ってる訳でもない。何にお金を使っているのかわからないけど、お金が貯まらない。」って方は多いのではないかな、と思います。
 でも現実に、少ないお給料でもストレスなくお金を賢く貯めている人もいる訳で、ここでは、よく言われるお金を貯める方法を紹介します。

お金の貯め方 1).家計簿をつける

 そもそも、自分のお金が何にいくら使われているかがわからなければ、どのよにお金を貯めればいいのか、月々いくらぐらいなら無理なく貯められるのかもわかりません。
 家計簿をつけるなんて面倒でできない、という方も多いと思いますが、いまでは便利に使える家計簿アプリがあるので、それを使えば簡単に家計簿をつけることができます。
 まずは現状を理解することからスタートしましょう。

お金の貯め方 2).『収入ー貯蓄=支出』の実践

 よく言われるお金の貯め方の方法として、『収入ー貯蓄=支出』で表すとおり、『毎月、お金が入る⇒そこから決まった金額を貯蓄に回し⇒残りを使う』という行動をとることで、毎月、定額のお金が貯まる、ということになっています。わかっていますが、なかなか、これができない。だから「何にお金を使っているのかわからないけど、お金が貯まらない。」ってことになるんだと思います。

お金の貯め方 3).使いみち不明のお金を見つ出して貯蓄に回す

 家計簿から把握した毎月の支出金額と、お財布の中身や銀行口座からの引き落としなどから計算して実際に使ったお金を比べてください。もしかしたら、何に使ったかわからないお金が発生している場合もあるのではないかと思います。

 数か月間、様子をみて、そのような使いみちが不明な金額を把握しましょう。毎月、最初から貯蓄に回す金額に加えて、その使いみちが不明な金額も貯蓄に回すようにすれば、さらに毎月の貯蓄額をふやすことができます。

お金の貯め方 4).固定費の見直し

 家賃、光熱費、携帯電話を含む通信費、などの固定費。
 家賃は固定費の中でも金額が大きいので減らすことができれば、その分、大きな金額を貯蓄にまわすことができます。でも、そのためには賃貸であれば引越ししなければならず、持ち家のローン返済であれば返済計画を変更しなければならないので、かなり面倒で、現実的ではないと思います。
 比較的簡単に見直すことができるのが、携帯電話代です。家にWIFIがあれば、大きな容量のプランは必要ないでしょう。少しでも安いプラン変更にしたり、格安SIMの会社の契約変更したりと、手段はたくさんあります。ぜひ検討しえみてください。

どれも難しいという方、それが普通です。でも。。。

 上に書かれている4つのことは、どれも理解できるけど、実際に実行するのは面倒で難しいという方。あきらめないでください。それが普通なんですから。
 だからと言って、貯蓄をしなくていい、というこではありません。それどころか、いままで以上に貯蓄は重要になってきます。グローバル化で世界の格差は広がりました。そこにコロナです。これからの時代は、ますます不確実さは増すでしょう。会社の退職金も年金も、どうなるかわかりません。
 つまり自分の将来に必要となるお金は、自分で用意しなければならなくなるのです。

どれも難しいなら、どうすればいいか?

 貯蓄は必要なことはわかるけど、それを実行するのは難しいのであれば、どうすればいいのでしょうか?
 その問題を解決するのが、自分だけで考え、悩むのではなく、@お金の専門家に相談する、Aお金の専門家に指導してもらう、という方法です。

解決方法 @お金の専門家に相談する

 お金に関する女性限定のセミナーがいろんなところで開催されています。セミナーでは、貯蓄の仕方だけでなく、最適な保険の選び方、資産運用の仕方などなど、お金全般にかかわる疑問のあれこれをセミナー形式で教えてくれます。また質問があれば個別相談もできるので、貯蓄だけでなく、お金に関する幅広い知識をつけたい方には、ぜひ、一度は参加することをおすすめします。

解決方法 Aお金の専門家に指導してもらう